運営情報

社会福祉法人 山栄会

【基本理念】

「いつまでも若く、明るく豊かな生活を」

~ High Quality of Life を目指して ~

 

  私たちは、社会福祉法人山栄会の理念を達成するため、一人ひとりの入居者様の人生を尊重しながら、誰もが幸せを実感できる地域福祉活動を推進します。 

 

特別養護老人ホーム リアス倶楽部

ショートステイ リアス倶楽部

【基本理念】

  「安心・信頼・連携」

【基本方針】

 ・自分らしく安心できる生活をお手伝いします。

 ・信頼関係を構築し、地域に開かれた交流の場を目指し、福祉

 を通して地域社会に貢献します。

 ・チームワークを大切にし、根拠のあるユニットケアと、より

 充実した福祉サービスを進めます。

【運営方針】

  ①施設は、施設サービス計画に基づき、可能な限り居宅における生

  活への復帰を念頭に置いて、入浴・排泄・食事等の介護、相談及

  び援助、社会生活上の便宜の供与その他の日常生活上の世話、機

  能訓練、健康管理及び療養上の世話を行うことにより、入居者が

  その有する能力に応じ、自立した日常生活を営むことができるよ

  う支援することに努める。

②施設は、入居者の尊厳を重視し、常にその者の立場に立って施設

  サービスを提供するように努める。

③施設は、明るく家庭的な雰囲気を有し、地域や家庭との結びつき

  を重視した運営を行い、市町村・居宅介護支援事業所・他の介護

  保険施設・その他の保健医療サービス又は福祉サービスを提供す

  るものと密接な連携に努める。

【処遇方針】

相談・苦情への対応

   施設は、入居者からの相談・苦情に対する窓口及び第三者委員を

 設置し、施設の設備またはサービスに関する入居者の要望・苦情等

 に対し、迅速に対応する。

身体拘束廃止への取り組み

   1.サービスの提供にあたっては、当該入居者又は他の入居者等の生

   命又は身体を保護するため、緊急やむを得ない場合を除き、身体

    拘束その他入居者の行動を制限する行為を行わない。

 2.施設は、前項の身体拘束等を行う場合には、その様態及び時間、

    その際の入居者の心身の状況並びに緊急やむを得ない理由を記録

    する。また、入居者本人や家族に対しては、身体拘束の内容・目

  的・理由・拘束の時間・時間帯・期間等をできる限り詳細に説明

  し、十分な理解を得るように努める。

   3.身体拘束等の廃止及び適正化に向けた取り組みを検討する為、リ

  スクマネジメント委員会内にて定期的に身体拘束廃止の取り組み

  の話し合いを行うとともに、その結果について、職員に周知徹底

  を図る。

  4.職員に対し、身体拘束廃止に向けた研修を定期的に実施する

リスクマネジメント

  1.入居者の安全な生活を確保するため、リスクマネジメント委員会

    にて定期的に事故防止の検討や事故発生時の対応等を話し合うと

    ともに、その結果について、職員に周知徹底を図る。

   2.事故防止や事故発生時の対応等について、職員に対する研修を

    定期的に実施する。

感染症対策及び衛生管理の対応

   1.感染症及び食中毒の予防及びまん延の防止の為、感染対策・衛

    生管理委員会にて定期的に対策を検討する話し合いを行うととも

    に、その結果について、職員に周知徹底を図る。 

  2.職員に対し、感染症及び食中毒の予防、及びまん延の防止のため

    の研修を定期的に実施する。 

  3.施設は、「感染症マニュアル」及び、別に厚生労働大臣が定める

   「感染症及び食中毒の発生が疑われる際の対処等に関する手順」

    に沿った対応を行う。

褥瘡予防への取り組み

    1.入居者に対し良質なサービスを提供する取り組みのひとつとし

  て、褥瘡が発生しないような適切な介護に努める為、感染対策・

    衛生管理委員会内に褥瘡対策チームを設置し定期的に褥瘡予防及

    び褥瘡ハイリスク者の対応方法を検討する話し合いを行うととも

    に、その結果について、職員に周知徹底を図る。

    2.職員に対し、褥瘡予防のための研修を定期的に実施する。

看取りケアへの取り組み

    1.看取り期の入居者に対し、その身体的・精神的苦痛、苦悩をでき

  るだけ緩和し、対象者の尊厳に十分配慮しながら終末期を支援で

  きるよう、医師・看護職員をはじめ他職種間で連携する。

  2.看取りケアを希望される入居者及びその家族の支援を最後の時

    点まで継続すると共に、看取り期間中、気持ちの動きや希望の変

    更がある場合でも継続的に支援する。 

   3.職員に対し、看取りケアについての研修を定期的に実施する。

医療的ケア対策の取り組み

   1.口腔内の痰吸引や胃ろうによる経管栄養が必要になっても、引

     き続き入居していただけるよう、医療的ケア対策推進委員会内

     にて定期的に対応方法や予防的な対応、または改善の取り組み

     の話し合いを行うとともに、その結果について職員に周知徹底

     を図る。 

   2.医療行為の一部を必要時に、医師・看護職員との連携の下で介

   護職員も行う事ができる体制を推進する。 

   3.職員に対し、人体の仕組み関する基礎的知識の研修を定期的に

     実施する。

介護サービス情報の公表

       施設は、自らの責任において情報を公表し、入居者が当該情報を

   活用しながら自らの責任において自主的に施設を選択するための

   環境整備に努める。

非常災害対策への取り組み

    1.地震、火災、風水害、土砂災害(河川の氾濫)、その他災害に

     対処するため非常災害対策計画を定める。 

   2.非常災害時には迅速に適切な判断と対応を行うために、非常災

     害対策計画に基づいて体制及び防災訓練を実施する。災害対策

     委員会にて施設全体及び関係機関、地域住民を含めた防災訓練

     を実施する。

人材育成への取り組み

   1.職員の業務に必要な知識、技能を高め、資質の向上を図るため

     施設内における研修を計画的に実施するとともに、外部研修へ

     の積極的参加を支援する。 

   2.新入社員には、経験年数や資格等に応じた新人研修プログラム

     を実施し、施設を担う職員の育成を図る。

職場環境等について

  1.資質の向上

  ・働きながら介護福祉士取得を目指すものに対する実務者研

   修受講支援や、より専門性の高い介護技術を取得しようと

   する者に対する喀痰吸引、認知症ケア、サービス提供責任

   者研修、中堅職員に対するマネジメント研修の受講支援。

  2.労働環境・処遇の改善

  ・介護職員の腰痛対策を含む負担軽減のためのリフト等の介

   護機器等導入

  ・子育てとの両立を目指す者のための育児休業制度等の充実

  ・ミーティング等による職場内コミュニケーションの円滑化

   による個々の介護職員の気づきを踏まえた勤務環境やケア

   内容の改善

  ・事故、トラブルへの対応マニュアル等の作成による責任の

   所在の明確化

  ・健康診断、こころの健康等の健康管理面の強化、職員休憩

   室等の整備

  3.その他

  ・介護サービス情報公表制度の活用による経営、人材育成理

   念の見える化

  ・地域の児童、生徒や住民との交流による地域包括ケアの一

   員としてのモチベーション向上

  ・非正規職員からの正規職員への転換

  ・職員の増員による業務負担の軽減

【その他】

  1.特定加算等取得状況 令和元年10月1日より

 

   ◎特別養護老人ホーム リアス倶楽部

   【地域密着型介護老人福祉(ユニット型)】

    日常生活継続支援加算

    看護体制加算Ⅰ

    看護体制加算Ⅱ

    夜勤職員配置加算(Ⅱ)

    介護職員処遇改善加算(Ⅰ)    8.3%

    介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ) 2.7%

 

   ◎ショートステイ リアス倶楽部

   【短期入所生活介護(併設・空床型ユニット型)】

    サービス提供体制強化加算(Ⅰ)

    看護体制加算Ⅰ

    看護体制加算Ⅱ

    夜勤職員配置加算(Ⅱ)      8.3%

    介護職員処遇改善加算(Ⅰ)    2.7%

    介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)

 

   【介護予防短期入所生活介護(併設・空床型ユニット型)

    サービス提供体制強化加算(Ⅰ)

    介護職員処遇改善加算(Ⅰ)    8.3%

    介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ) 2.7%